ここからナビゲーション

山形県産品ポータルサイト いいもの山形

ここから本文

シナの花は古代布しな織の原料となるシナノキの皮剥ぎと同じ初夏に、パステルイエローの可憐な花を咲かせます。シナの花は別名“和リンデン”と呼ばれ、西洋リンデンのようにほのかに甘く優しい香りです。シナの花が採取できるのは、この地に伝わるしな織文化があるから。皮剥ぎのために伐倒した木から花を採取します。郷の営みのなか、山形の森で手摘みした国産の和リンデンを無添加で仕上げたコスメ、それがシナの花コスメです。

羽越のデザイン企業組合

羽越のデザイン企業組合

  • Instagram

山形県と新潟県の境にある四方を山々に囲まれた30世帯ほどの関川(せきがわ)集落。シナノキの木の皮を原料にした自然布、「羽越しな布」が今も受け継がれている小さな織物の郷です。夏の初めごろシナノキには可憐な花が咲き、辺りの森は優しい香りに包まれます。そこで暮らす人々が丁寧に摘み取った貴重な和リンデン、「シナの花」を原料にナチュラルなスキンケア化粧品をつくりました。umu(うむ)は自然のものを無添加でお届けするローカルコスメブランドです。

  • [住所]〒999-7315 山形県鶴岡市関川55番地
  • [TEL]050-5437-5174
  • [取り扱い商品]シナの花コスメ

ページ上部へ